ソーラーパーネルを利用した不動産投資

先ほど例に挙げたソーラーパネルを利用している不動産投資というのは意外と手堅い投資の一つです。これは太陽光発電によって発電された電力を電力会社が買い上げなければならないという法律が存在するためにあるからです。つまり、ある程度の収益の見通しが立つというのが他の不動産投資とは違う点です。他の不動産投資では入居者の獲得がなければ収益は発生しません。そのあたりをうまく回避できるのがソーラーパネルを利用した不動産投資の良いところです。

そして、手間が他の不動産投資と比較してほとんどかからないということも大きいでしょう。何にしろ不動産投資というのは手間が掛かるものです。入居者の募集から管理他管理会社に任せるにしてもそれなりの手間がかかります。

しかし、ソーラーパネルを利用した不動産投資であれば、草刈りなど太陽光発電の邪魔になるようなものを排除するだけで済みます。さらに、不動産投資で最も大変なのが立地です。というのも不動産投資は立地が全てと言っても過言ではありません。入居者を募集したりする際も立地次第で家賃が上下したりすることは当然あり、収益に直結します。しかし、ソーラーパネルを利用した不動産投資は太陽が当たっていればそれでよく立地を選ばないという特徴があります。