押さえておきたいポイント

そんなソーラーパネルを利用した投資で押さえておきたいポイントがあります。この投資にもメリットばかりでないということは知っておかなければなりません。まず、出力抑制です。これは、電気の需給で供給が多すぎる場合に電力の買取を電力会社が拒むことができるということです。しかし、需給が改善されればこれは問題なくなります。次にずっと先、例えば20年先にはどうなっているかは分からない、ということがあります。それは先述した人口減少などによる需給バランスにより買い取り制度自体がなくなるかもしれませんし、買い取り価格が変わるかもしれない、その他様々な要因があります。特に大きいのは政府の意向次第でどうなるかわからないというところがネックと言えるでしょう。さらに、天候の影響です。

これは、太陽の光を利用して発電するわけですから当然のことですが、日本は台風や地震などの自然災害を受けやすい国です。例えばアパートやマンションなら大丈夫でも太陽光パネルでは突風に飛ばされたり洪水に流されたりする可能性もあります。山の斜面に設置した場合には土砂崩れなども想定していなければなりません。こうしたリスクを想定し、きちんとした保険に加入するなどの対策をとることで安定した収益をよりリスクの少ない投資にすることができます。